リップル訴訟の取り下げはありえるの?

マネー
FavoriteLoadingお気に入りに追加する

こんにちは、かそ活です。
暗号通貨投資歴は3年半で、
暗号通貨で資産が200倍になりました。
リップルだけでも42万円のプラスです。

リップル訴訟について知りたくはありませんか?

訴訟が長引く一方で、
その訴訟の取り下げを求める動きも出てきました。

つまり、裁判所に
「今回の裁判はなかったことにしてください」というお願いです。

訴訟は起きたけど、
訴えの一部(または全部)を取り下げをお願いする、
訴訟の撤回ですね。

リップルへ投資をしている方にとっては
訴訟はイメージ悪いですし、
もし訴訟で不利な判決が出れば
リップルの価値も下がる可能性もあります。なので
訴訟が取り下げ(撤回)となるかどうかは
とても気になるところです。

今回はそのあたりについて
まとめてみました。

リップル訴訟についてある程度ご存知の方にとっては
この記事はお役には立たないと思います。

リップルへの投資をしているけれど
リップル訴訟のことはまだよく知らない・・・
そんな方はぜひこの記事をご覧ください。

ぜひいいね!ボタンとブックマーク登録をお願いしたいのですが
まだ登録しなくて大丈夫です。
最後までお読みいただき、
ご検討いただけますと幸いです。

リップル訴訟の取り下げはありえるの?

*無料で自分の投資スキルを上げる近道
最近はオンラインでの投資スクールも増えており、
無料オンライン体験講座で投資の力を上げるのもありですね。

投資の達人になる投資講座 | 無料体験実施中!
GlobalFinancialSchool監修!他の投資講座とは違う本当の話を聞きたくありませんか?今だけ投資の達人になる投資講座の無料体験実施中!

リップル社への訴訟取り下げへ、3万超の署名が集まった請願書が

リップルへの訴訟を起こしていたのは
SEC(米国証券取引委員会)です。

そこへ対して、
リップル訴訟の取り下げを求める、
3万超の署名が集まった請願書が出されました。

具体的には、
SECのJay Clayton元長官と
William Hinman元高官に対する調査を
求めているようです。

というのはこの二人は

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない

という見解を示した人物。

今回の訴訟は、
リップルがビットコインとイーサリアムと同じか?違うか?
ということが一つのポイントになっています。

同じであれば何も問題がなくて
これまで通り、リップルは存在できます。

ただし、

違うよ

となれば
リップルの存在事態が危うくなってしまう可能性があります。

なので、Jay Clayton元長官と
William Hinman元高官に対し

リップルだけは違うんだ!と言った理由を調査して欲しい!

という嘆願書が出たということのようです。

ご存知かもしれませんが
なぜもしリップルがビットコインやイーサリアムと違う!
と認められちゃうと困るのか?ということが重要です。

というのは、
今回のSECからの訴えの一つが

リップルは詐欺なのじゃないか?

という内容があるためです。

もし詐欺だと認められてしまうと
当然、そのコインには価値がなくなるので
ゼロ円になりますよね?

なので、
リップルを応援する方々としては
それだけはなんとしても避けたいわけです。

取り下げられるとどうなるの?

和解すれば、○○では無くなる裏付けに

もし今回の訴訟で

リップルがビットコインやイーサリアムと同じ存在である

と認められれば、
それは同時に

リップルは詐欺じゃないよ

ということが立証されることになり得ますよね。

そう考えると、
リップル応援者としては
自分を守ると同時に、
リップルの価値が上がるきっかけにもなるので
これは当然頑張るしかないわけです。

リップルは、
過去に日本で詐欺扱いを受けたこともありました。
→過去に存在したリップルトレードジャパン取引所の代表者が逮捕された

しかし、リップルは詐欺ではないことが判明しました。

時価総額が3.4兆円となり、
コインチェックやビットバンクなど国内取引所で扱われていることも
その根拠となります。

今回も、その時と同じように、
この逆風を乗り越え、
さらに価値を高めることになるのでしょうか。

もう一つの朗報

ちなみにもう一つ朗報があって、
この3万人の嘆願書を出した先は、ゲンスラー氏。

新SEC長官であり、
暗号資産に理解のある人物なのです。

ゲンスラー氏は
米マサチューセッツ工科大学(MIT)で
仮想通貨やブロックチェーンに関する授業も行なっている
暗号資産に理解のある人物なので、
暗号通貨に対する偏見はなさそう。

公平に調査が進み、
訴訟の取り下げ=若いとなれば嬉しいですね。

あなたが持ってるリップルの価格はどうなる?

価格の予想をまとめました。

仮に訴訟が取り下げられ、
特にリップルがダメージを負わないとすれば、
そして詐欺ではないという裏付けがなされると、
ここから価格が上がっていくことも考えられます。

元々リップルは、
他のコインよりも高いポテンシャルが評価されていて、
だからこそ着々とインフラ化をしています。

一部の専門家は、

リップルの価格が今後数年、上がり続ける

と予想を出しています。

その一部を見ていきましょう。

最大8000円弱説

CoinSwitch 2025-30年ごろ急騰:2030年 17.0576ドル
Crypto Coin Society :2025年 4.60ドル
PrimeXBT :2022~23年 75ドル
Investing Haven  2021年以降 4~20ドル

最も高い予想価格である75ドルを出した
PrimeXBTによるシナリオは、

「FOMO(フォーモ、周囲に取り残されることに対する恐怖)」

心理に駆られた投資家がXRPに殺到し価格が高騰した後、
冷静さを取り戻すというものです。

最大では75ドル(8000円弱)で
2025年頃に到達するのではないか?
との予想が出ています。

そしてもう1つの気になる予想は・・・。

最大1万円説

さらにクレジットカードと提携し、
決済ネットワークとなれば
10000円まで価格が上がる
という予想もあります。

詳しくはこちらのツイッターにあります。

https://ripplenews.tech/2018/01/15/xrp-much-will-worth/

リップルの武器をまとめると・・・

リップル(XRP)は国際送金システム(RippleNet)が優れています
世界的に有名な企業からの期待もあり、多くの企業から投資を受けています
今後基軸通貨として使われる可能性もあります

そして最大の目玉とも呼べるものがもう一つあります。

それがI P Oの公開を目指していること。

IPO公開を一つの目安に値上がりを待てば、
1000円と言う価格も夢ではありません。

今のところ、
アルトコインでIPO公開したものはありません。

IPOとは未上場企業が、
新規に株式を証券取引所に上場し、
投資家に株式を取得させることを言います。

上場=知名度が上がり、
社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

もしリップルにそんな未来が訪れると嬉しいですね。

 

リップル訴訟の和解についてもっと詳しく知りたい方は

こちらの記事をどうぞ。

_settlement/

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました