【かんたん】リップル裁判のことをわかりやすく知りたい【他の記事を読んでもわからない…という方はこちらへどうぞ】

マネー
FavoriteLoadingお気に入りに追加する

こんにちは、かそ活です。

暗号通貨投資歴は3年半で、暗号通貨で資産が200倍になりました。

リップルだけでも42万円のプラスです。

リップル裁判のことをわかりやすく知りたい。
裁判て、リップルの価格と関係するのかな?
リップルの将来との関係もあるの・・・?

と、思ったことはありませんか?

この記事ではリップル裁判のことを
かんたんにまとめてみました。

さらに、

裁判はリップルの価格と関係するのか?
リップルの将来への影響はあるの?

と言うポイントにも注目しています。

リップル裁判についてある程度ご存知の方にとっては
この記事はお役には立たないと思います。

リップルへの投資をしているけれど
リップル裁判のことはまだよく知らない・・・
そんな方はぜひこの記事をご覧ください。

ぜひいいね!ボタンとブックマーク登録をお願いしたいのですが
まだ登録しなくて大丈夫です。
最後までお読みいただき、
ご検討いただけますと幸いです。

【かんたん】リップル裁判のことをわかりやすく知りたい

*無料で自分の投資スキルを上げる近道
最近はオンラインでの投資スクールも増えており、
無料オンライン体験講座で投資の力を上げるのもありですね。

投資の達人になる投資講座 | 無料体験実施中!
GlobalFinancialSchool監修!他の投資講座とは違う本当の話を聞きたくありませんか?今だけ投資の達人になる投資講座の無料体験実施中!

リップル裁判をわかっていないとあなたの資産がやばいです

リップル裁判は、
仮想通貨リップルを発行するリップル社が訴えられている裁判です。

訴えたのは、
SECという米国証券取引委員会。

ざっくりいうと、このSECが

リップルは株式・債券・手形・小切手とかとおんなじものですよね?
ビットコインやイーサリアムとは”違う”存在ですよね?

とリップルにかち込んでいるということです。

え?リップルって仮想通貨でしょ?
ビットコインやイーサリアムと違うってどういうこと?

と思いますよね?

昔、このSECは

ビットコインやイーサリアムは
株式・債券・手形・小切手などとは別物です!

というふうに認めています。

なのに、

でもリップルだけは株式・債券・手形・小切手とかとおんなじ!

と主張しているというわけです。

リップルという実態がないものに対して、
投資家からお金を集めるなんてNGでしょ!
それって株式・債券・手形・小切手などと一緒のやり口です!
ビットコインやイーサリアムはそんなことやってませんけど。
だから、リップルは株式・債券・手形・小切手と同じです!

とまあ、SECが言ってるのはこんな感じのこと。

最初にお金を集める段階でのやり方が気に食わないようで、
そこの点を厳しく追求しているわけです。

それに対しリップル社は
当然、待て!待て!と反論をするわけで。

ウチだってビットコインやイーサリアムとおんなじですよー。
仮想通貨じゃないですかー。
リップルだけ株式・債券・手形・小切手と同じと決めるのはやめてください

と反論をしています。

お互いの主張はざっとこんな感じで、
じゃあどうやって主張を正当化するのか?証拠は?書類見せろ!
みたいな感じでお互いに譲らずにやり合っていて、
意外とずるずると長引いている訳です。

リップルというコインは
株式・債券・手形・小切手と同じなのか、どうか?
これを難しく言うと
有価証券なのかどうか?と言う言葉になります。

リップルは有価証券なの? 違うの?
これをめぐり、SECとリップルがバトルを繰り広げている訳ですね。

裁判て、リップルの価格と関係するのかな?

裁判を知らずに放置していると資産を危険に晒しているかもしれない話

結論:この裁判の結果次第では、あなたの資産はやばくなる可能性ありです。

で、このリップル裁判は注目を集めている訳なのですが
それがなんで?というと
その一因が、この裁判がリップルの価格に影響しそうだよね?
と言う世間の目があるからです。

実際、裁判の話題が始まったのは
2020年の年末頃。
そこからリップルの価格は下がっています。

リップルが裁判で打たれている・・・と言う
ネガなニュースが流れれば下がるのは当然。

途中でパンプ計画があって
上がったりもしましたが
これはイレギュラーな出来事なので、
基本的には下り目線。

で、なかなか裁判の決着がつかないので
不安になってきて、
さらに下がる。

途中で、リップルに有利な展開になってるかも!?
と言うニュースが流れたりもしますが、
裁判が終わらず、正式な結果が出ないとなると
やはり価格が上がる好材料にはなかなかなりませんよね。

そんな状態は半年くらい続いて
8月後半にじわじわと上がってきました。

11月のスウェルへ向けて
もう少し上がる可能性もありますが、
何度も言うように裁判の結果次第では
価格がドカン!と下がることも十分にあり得ます。

なので、

リップル裁判?関係ないね!

と完全放置していると、
気付かぬうちに裁判結果が出て、
最悪の場合、資産を失う
と言うパターンもなしではないのです。

だから、リップルホルダーなら
リップル裁判のことを
頭の片隅に置いておいたほうが良いということになります。

リップルの将来と関係もあるのか知りたい

裁判がなかった場合と、起こってしまった今との未来を比べて説明するよ

リップルはご存知の通り、
とても優れた機能を持っています。世界のインフラとなるべく準備も着々と進んでいますよね。

もしも今回の裁判がなければ
このまま人気のコインとして存在し、
インフラが完成したら、本当に
1リップル=1000円に届く可能性あります。

これが、もしも裁判がなかった場合に描かれていた未来です。

で、裁判が起きてしまったので
違う未来へと向かっているのが現状です。

この新しい未来は大きく2つの道に分かれます。

1つは、裁判に勝利する未来

この場合、SECにいちゃもんはつけられたものの、
結果、跳ね返したことにより、
逆にお墨付きをもらうような形になりそう。

そうすると、リップルは、
ビットコインやイーサリアムと同じ存在になるので
安心感が増しますよね。

お墨付きを得たことで、さらに期待値が加速して、
裁判がなかった場合の未来よりも
価格が上がることもあり得ますよね。

2つ目は、裁判に負けてしまった未来

これは、リップルが有価証券だと認められたパターンです。

リップル社は惨敗となるわけで、
それにより世界的に価値が減ってしまう可能性があります。

裁判に負ける=有価証券となった以上、
仮想通貨ではなくなるので
ひょっとしたら
世界の仮想通貨取引所では取り使えないという状況にもなり得ます。

取引ができませんね。やばいです。
とすると、価格は・・・
恐ろしいことになりますね。

まとめ

今回は、リップル裁判をわかりやすくまとめてみました。

これは単なる裁判ではなくて、
リップルの未来を大きく変える出来事である
と言うことがわかったかと思います。

そしてリップルホルダーにとっては
自分の資産が増えるか減るかを決める
超重要な要素でもあります。

なので、

リップル裁判を無視していると
自分の資産がやばい

と言うことを
しっかりと知っておくべきなのです。

それらを踏まえて、リップル裁判の動向を
見守っていくべきでしょう。

 

リップル裁判についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。


 

最後までお読みいただきありがとうございました!
いいね!ボタンと、チャンネル登録をご検討いただけますと幸いです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました